フラクショナルレーザー ダウンタイム

最新の美容医療の受診を考えると、どう?

美容医療が日本で正式に認められたのは
1978年です。

 

美容皮膚科として診療科目に認定されました。

 

メディアでも取りあげられて、美容医療ブームになった
ダウンタイムが少ないIPLという光治療です。

 

2000年のはじめのブームは今も続いています。
患者さんに負担が少なく、
治療後すぐでもメイクや洗顔ができます。

 

しかし、
美容医療は、基本的に保険診療ではなく、
自由診療になります。

 

どうしても高額なイメージがあり、技術的にも不安です。

 

フラクショナルレーザー ダウンタイム

 

そして、

 

IPLは、比較的に容易な施術法だったので、操作もマニュアル通り
にすれば失敗することが少ないそうです。

 

他のジャンルの医療、
皮膚科、整形外科、婦人科、麻酔科
内科などの医師が自由診療の美容医療の世界に入り

 

美容医療はわずか数年の臨床経験だけでもいいそうです。

 

現に、2018年6月 医療法の改正がありました。

 

医療関係のホームページなどで
治療内容や費用、リスク 副作用などについて詳細な説明なしに
ビフォー・アフターの写真、掲載した患者さんの体験談などを掲示
できなくなりました。

 

でも、良い点も多くできました。
美容クリニックが多くできたので、身近になりました。

 

例えば、ニキビ治療です。
ほとんどの人が一度は悩んだことがあると思います。

 

私も、結婚準備の時期に初めてニキビになりました。
「どうして、よりによって今?」と悩みました。

 

ニキビはあっというまにできるのに
なかなか治りません。
しかも、跡が残ると厄介です。

 

今では、美容皮膚科で治療できます。
ニキビ跡も心配しなくても安心して受診できます。

 

ダイエットや薄毛治療もあります。
メニューが増えています。

 

美容医療のドクターどう選ぶ

 

カウンセリングに時間をかけて、
話をきちんと聞いてくれるかどうか
施術内容について詳しく説明してくれるかが最大のポイント
です。

 

美容医療でもクーリングオフができます。

 

一般診療があるなら、皮膚科や健康診断、予防接種などで受診し
お医者さんやスタッフの相性を確認するといいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top